読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒガシの日記

公認会計士コンサルタントの思考の備忘録

MENU

コンサル志望者に知ってほしい、一人前のコンサルタントに必要な3つの要素

コンサルティング

 こんにちは、ヒガシです。今日は、コンサルタントに必要な3つの要素について、お話ししたいと思います。

コンサルタントに必要な3つの要素とは

 私が考えるコンサルタントに必要な要素は、
1. 論理的思考力
2. 専門的領域
3. エッジ
の3つです。

1.論理的思考力

 顧客が、何の権威も無い、外部者のいうことを聞くのは、成果物そのものに説得力があることが絶対条件です。論理的思考力は、思考に根拠と道筋を持たせるコンサルタントの基本スキルであると同時に必須スキルでしょう。

2.専門的領域

 2つ目は、会社の機能や、業界についての自身が強みがあると言える専門的領域があることです。論理的思考を展開していくには、論理的思考も必要ですが、その根拠となる背景知識も前提になります。

 顧客より業界の知識がなければ、相手にされませんし、検討の都度、精度の低い仮説を立てていくようでは、プロジェクトの本質的な課題にたどり着くまでにリソースを使い果たしてしまいます。

3.エッジ

 エッジとは、その個人にしか無い強みの事です。例えば、特定の領域の深い知見、人脈があり営業が強い、新しい考え方の提唱力といったことです。

 エッジを立てることは、中堅コンサルタントであれば、内部で認識され、協力を得るために必要です。ただのクレクレは嫌われます。

 また、シニアなコンサルタントであれば、外部からどう認識されるかという点で、何も売りがなければ、業界で埋もれていくでしょう。

 

3つの要素の習熟ステップ

 3つの要素は、1.論理的思考力、2.専門的知識、3.エッジのステップで身につけていくべきと考えます。

 論理的思考力はどのような仕事でも求められ、全ての仕事のベースとなるため最優先で身につけて欲しいところです。専門的知識は、論理的思考力をベースにした仕事の過程で、どこが自分に合っているのかを考えながら深掘りすることもでき、若干の時間的猶予があります。最後にエッジについては、さらに狭い領域を深掘りすることとなるため、コンサルタントのキャリアの総括として、最後に身につけるべきと考えます。

 中途採用で、コンサルタントが未経験の場合、1.論理的思考力が弱い場合が多く、ひどい場合には、結論の根拠を求めても、答えに窮する場面もあります。一方で、2.専門的領域は、ある程度の知識と、実務者のみが知っている経験があります。
新卒からのコンサルタントは、1.論理的思考力が強く、勉強不足の場合は2.専門的領域が、弱いことがありますが、概ね、若いながら圧倒的に両方を持っている方が多い印象です。

 3.エッジについては、自身がまだ立てきれていない状況なので、難しいところですが、3つの中では、最も自然に手に入る要素では無いため、意図的に作っていくための選択と集中を繰り返しながら、1.論理的思考力を使い、研ぎ澄ましていくことが必要でしょう。

 

 コンサルタントにはいろんなタイプの人がいますが、基本的にはこれらの要素を持ち合わせている人が、一人前のコンサルタントであると個人的には考えています。

 

ではでは、今日はこの辺で。