読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒガシの日記

公認会計士コンサルタントの思考の備忘録

MENU

日経新聞電子版の「初割」がお得だという話

コンサルティング

こんにちは、ヒガシです。情報収集に関して、長らくファームの情報収集サービスを利用してきたのですが、特定の会社のことしか収集できないのが難点でした。日経新聞が電子版の二月末まで無料キャンペーンを実施しているのを機に新聞の購読を再開しました。

 

日経新聞のキャンペーン

現在、日経新聞では新規入会に対して、電子版を二月末まで無料にするキャンペーンを行っています。通常、入会月のみ無料になりますが、これが2月末まで無料です。

つまり、

新聞+電子版 1,000円off×二ヶ月=2,000円

電子版のみ 4,200円off×二ヶ月=8,400円

お得になります。途中解約はそれぞれ1,000円、4,200円かかりますので、3月まで使い続けるのがお得そうです。

 

また、上記に加えて日経産業新聞日経MJ日経ビジネスの電子版についても同様のキャンペーンを行っており2月末まで無料になっています。私は以前から記事が面白いと思っていた日経産業新聞を選びました。

 

日経新聞×OSINT

 もちろん目的は、新聞情報からビジネスへの応用です。新聞には産業のあらゆる動きが、待っているだけで毎日アップデートされる利点があります。情報としては最新ではないかもしれませんが、ある程度カバー範囲が広く、一括して官民の動きが知れるという点では一択ではないでしょうか。

higashinikki.hatenablog.com

 

軽く見ているだけでも、コモディティ、為替、規制、技術開発、内外の予定といった世界の動きが企業、市場の動きとして見えてきます。

 

新聞を読むべきか否か

自身の役に立つのであれば新聞を読むべきですし、そうでないなら読まなくていいでしょう。株やFX投資をするのであれば、日経では遅いような気もしますし、産業という意味では、鉄鋼新聞、繊研新聞、週刊粧業といった方が役立つかもしれません。

しかし、全体観をゆっくりと日々単位で把握していくことで、その裏側に見えることは、世の中の変化です。お客様と雑談するためなら読むべきではありません。しかし、明確な意思を持って、行動に情報を結びつけることができるならば、購読料は安いものだと思います。

昔、購読していた時は挫折しましたが、まず3ヶ月試してみます。

 

 

追記

1ヶ月読んだ効果を記事にしました。

higashinikki.hatenablog.com