読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒガシの日記

公認会計士コンサルタントの思考の備忘録

MENU

コンサルタントキャリアパス3つの要素

こんにちはヒガシです。コンサルタントキャリアパスは、業界、専門性が限られていないが故に、選択肢が多岐に渡ります。では、その選択肢、どのように選んでいくのでしょうか?昔、先輩から教わった考え方を紹介します、

 

キャリアパスの3つの要素

先輩から教わったコンサルタントキャリアパスの3つの要素とは

  • Be what?
  • What you can
  • What they need

の3つです。Be what? とはあなた自身がどうなりたいか、What you canとは、あなたが出来ること、What they needとは社会や会社が何を求めているかです。この3つを揃える事を見据えて、キャリアを重ねていけば、コンサルタントとしての道が拓けていくというものです。

f:id:higashinikki:20161223140735p:plain

どの要素から考えるべきか

とはいえ、3つの要素はどこから考えるべきかべきでしょうか?先輩からはこの3つの要素を教わりましたが、どの要素から考えるべきかは教わってません。

私は、コンサルタントとしてのこの3つの要素を考えるのであれば、What they need であると考えます。社会、市場が何を望んでいるのかを考えた上でないと、コンサルタントとしての市場ではない可能性があるからです。まだ見ぬ市場を望むのであれば、もはやそれは起業家でしょう。ニーズがある世界であればこそのコンサルタントです。

マーケットリーダーと2番手には、おおきな差が生まれます。専門家であればなおさらです。どの市場を自分の戦場と定義するのか、そこにはニーズがあるのか、今年の仕事を終えて、来年の目標のためにそんな事を考えた次第です。

 

ではでは、今日はこの辺で。