読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒガシの日記

公認会計士コンサルタントの思考の備忘録

MENU

アスクル倉庫の火災の影響について考える

ニュース

アスクルの埼玉県入間市にある倉庫で、火災が発生したニュースが連日報道されています。鎮火の先行きが見えず、関係者の方々、並びに消防の皆様には二次災害につながるようなことが発生しないことを願うばかりです。

 

さて、会社を数字から見るという面で、今回の影響を考えてみようと思います。

 

BSサイドからの影響

今回火災が発生した倉庫は、埼玉県入間市にある倉庫で、以前のニュースを見るに土地建物て152.5億、マテハン*1用の機械として約40億円をアスクルは投資しています。

www.google.co.jp

まず気になるのは、この土地建物ですが、当時の有価証券報告書によると建物は当時105億円での取得になっています。

http://pdf.irpocket.com/C2678/h8MH/IFap/QaPi.pdf

償却計算はあるものの、倉庫用の建物の耐用年数はけっこう長いですし、8割建物が焼けているとの報道もあり、全損ということも最悪ありうるのではないでしょうか。

全損であっても、通常、6割から9割くらいの付保を行なっている場合が多く、焼けてしまった商品を含めて、ある程度取り戻すことができるのではないかと見ています。

これはマテハン用の機械も同様です。

 

従って8割付保とすれば、建物、マテハン機械合計の145億×80%=118億は帰ってきますし、残りの29億もアスクルの利益からすると全て損金として益金と相殺可能ですから実効税率40%としても、11.6億は取り戻せて、正味17.4億が損失になる計算です。

 

PLサイドからの影響

次にPLサイドからの影響です。倉庫で火災があり、その間物流がストップしてしまいますので、売上高が下がるのは間違いないでしょう。売上高の減少幅は、代替拠点となる横浜の物流センターで賄いきれない売上高分が相当するのではないでしょうか。

人件費の面では、倉庫の働き手はアルバイトの可能性があり、こちらは残念ながら雇い止めになるかもしれませんので、売上高は減るのに、人件費だけはかかることは避けられるかもしれません。

いずれにせよ、サプライチェーンのどこがボトルネックで、それが断絶した場合に業績にどう影響を与えるのか、どれくらいで復旧できるのか、普段からBCPとして持っていないと、他者に遅れを取るだけでなく、ステイクホルダーへの対応も難しいところです。

 

まとめ

会社における事件や事故は、ユーザーサイドからは、物が届かない、他で買うといった対応になりますが、企業の経営という観点で見ると、違った視点も見えてきます。ビジネスの形態により、どうリスクと対峙するのか、アスクルの事故を通して学ぶことができそうです。

 

※本稿の内容は、公表情報に基づく推定であり、確定情報ではありません。従って、本稿に基づく投資判断やそれに伴う損失についての責任は負いかねます。また、本稿の内容は個人的見解であり所属組織とはなんら関係のあるものではありません。

*1:マテリアルハンドリング、物流における物の移動の全てを指す

Wall Street Jounalがほぼ無料、3ヶ月で100円

コンサルティング 英語学習

以前にスパイの使う情報収集術が、ビジネスに使えないかということを纏めました。

今回は私も以前から読んでいるWall Street Jounalが驚異的な割引をしているので紹介します。

higashinikki.hatenablog.com

higashinikki.hatenablog.com

 

そもそもWall Street Journalとは?

Wall Street Jounalとはその名前が示す通り、アメリカのウォール街の新聞、つまり経済に関する日刊紙になります。その発行部数は日刊紙で世界最大で、大きな政治経済動向は網羅していますので、一紙だけ選ぶならば、かなりオススメです。

また、発行会社はアメリカのダウ平均を算出してきたダウジョーンズ社なので、日本でいう日経新聞と考えると捉えやすいです。

 

オススメのポイント①平易な英語、②高度な内容、③情報のカバー範囲

 

 

まず、オススメのポイントの1つめは、比較的平易な英語であることです。

エコノミストや、タイムは難しい表現で有名ですが、WSJは全世界で発行されてるためか、英単語がわかりやすいものが使われているように感じます。

少なくとも私はTOEIC700くらいからは読み進めることができていましたし、ここからたくさんの単語を学びました。

 

2つめのオススメのポイントは内容の高度さです。

政治、中央銀行や市場の動向、大きな企業の再編や事件について、関係者、ステークホルダー等からのコメントも交えながら、詳しいレベルで報道しています。日経と比較していくと、報道の違いから排除された情報や、意図が見えることもあります。

 

3つめのオススメのポイントはカバー範囲の広さです。

WSJにはアジア版、ヨーロッパ版、US版、日本版の4つのエディションがあります。なので、自分のいるエリアを見つつ、世界に影響がありそうなところは現地版を見ることもできます。私は、アジア版を見つつ、必要に応じてヨーロッパ版、US版を見ています。

 

キャンペーンで3ヶ月で100円

ウォールストリートジャーナルは、3ヶ月で100円という驚異的な価格でのキャンペーンを行っています。英語学習とグローバルなビジネスの情報が両方手に入るので、試しに読むにはこれ以上は無い良い機会ではないでしょうか。

 

利他-他人をより良くは成功に必須ではない

コンサルティング

 昨日、大きくことをなすにはということで、2つの要素をあげましたが、よくよく考えてみるに、利他ということは成功に必須ではないのではないかという疑問が湧いてきました。

higashinikki.hatenablog.com

 

独裁者に利他の心があるか?

なぜ、そのように思ったのかというと、歴史上の独裁者は大きくことをなし、本人的には成功している場合でも、利他の心は無いと考えたからです。(本人的にはあるんでしょうか?)

記事の時点では、他利の心が人を動かし、大きくことをなすと考えていましたし、私の周りの人間はそうでした。一方で、立ち止まって考えるに、大きな何かを成し遂げながら、全く他利とはかけ離れている人もいるわけです。そういった人が利用するのは、権力や圧力、恐怖、心理的誘導です。

要するに人を動かして、大きなことをなすのには、他利だけが答えではなく、様々な手段、もちろん人からは到底褒められない手段で人を動かすこともあるということです。

 

ルールがあるわけでは無いが

法律に触れなければ、心理的誘導を使い、何かをさせて、ダメになれば、使い捨てることも、ルール違反ではないかもしれません。そういったことを続けていきながら、往生すれば、それはそれで成功者なのかもしれません。

周りで被害に遭うのは、転職間も無い人や、自分が持てない人といった選択肢が限られている、自ら選べない人でした。

そういった人は、ある面では見限られており、ピンチで助けてくれる人はいないでしょう。ただ、そうゆう場面にならないよう、リスク管理も徹底してるのがこういう人の特徴です。

 

何か言いたいかと言うと、利他は大きなことをするのに必須ではなく、大きなことをするためにあらゆる手段を尽くすことが、その最短距離であり、利他はその一手段ということです。

 

自分の行く道もまた、大きく何かをすることを望めば、綺麗事では済まないことを考える過程に突きつけられ、少し複雑な気分です。

 

Who dares wins敢えて挑戦したものが勝つという言葉も、挑戦と思うとポジティブですが、敢えてそのやり方でやる、敢えて競合を潰す、敢えて倒産に追い詰める、敢えての捉え方次第では怖くなってきます。